債務整理の条件

返済出来ない借金があるという方は、そのまま自己破産しなければと思うかもしれません。とはいえ自己破産を行うと、住居や車など手元の財産の多くを失うことになりますし、その後はローンをしばらく組めなくなったり、一部の仕事が出来なくなったりと、今までどおりの生活を送れるとは限りません。そのため大抵の場合、債務整理を行って現状でも返済しながら生活できる環境を作ります。

債務整理をして借金の返済をするには弁護士のサポートが必要です。債務整理の多くは、債権者と交渉を行ったり、裁判所で手続きを行ったりと、専門知識が必要な作業が続くので、個人で全ての作業を行うのは困難です。そのため債務整理を行いたいときは、債務トラブルに強い法律事務所に相談して、担当の弁護士に交渉や手続きを依頼しましょう。専門家の手にかかれば、債務を今以上に返済しやすくなるはずです。

債務整理を行うためには、自身の収入の有無も重要となります。まず安定した収入を得ており、月々の返済が続けられるかどうか、さらに月々の返済を行うと生活が破たんするなど、どうしても返済を続けられないと証明出来れば、初めて債務整理を行うことが出来ます。月々の返済が滞ったことで、更に債務が増え、生活が波状するケースは珍しくありません。深刻な事態に発展する前に、債務トラブルを抱えたときは、すばやく弁護士に相談しましょう。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket